脱腸 治し方

脱腸の治し方について等

スポンサーリンク

 脱腸とはその名前からも分かるように腸に関する疾患で、腸の一部や腹膜が正しい位置から出てしまうというものです。
腸は本来ならばお腹の中に収まっているもので、腹膜はそのお腹全体を覆っている膜になります。
しかし時として何等かの理由により腸の一部や腹膜が、正しい位置からずれて外へ出てしまう事があるのです。
 正しい位置からずれて出てしまった腸の一部等は筋膜の隙間も通過して、最終的には皮膚の下にまで出てきてしまう事になります。
これが脱腸と呼ばれる疾患で、ここまでくると腸が出ている部分がぽっこりと膨らむので、体の外側からでも異常を察知する事が出来ます。
ちなみにこのぽっこりとした膨らみが出来るのは主に足の付け根付近で、この部分は鼠径と呼ばれる事から脱腸を鼠径ヘルニアと呼ぶ事もあります。
 脱腸が発生する原因はいくつか挙げられますが、中でも最も代表的なのが加齢によって発症するというものです。
人間の筋膜は年齢を重ねる事で弱くなり、ちょっとお腹に力を入れるだけでも一部が裂けてしまう事があります。
この筋膜の裂け目を通して腸の一部等が外に出てしまう事があり、脱腸を発症してしまう事になるのです。

スポンサーリンク

 この疾患を発症した場合に現れる症状としては、上記したように患部がぽっこりと膨らむという症状が代表的です。
この膨らみは最初のうちは指で押せば引っ込むのですが、これが引っ込まなくなった場合には注意が必要になります。
膨らみが引っ込まなくなると患部の壊死等が起こる可能性が出てくるので、早急に病院を受診する必要があります。
 脱腸の治し方としては基本的に手術を行う事で、根本的に治すというやり方を用いる事が多いです。
具体的な治し方については筋膜の裂け目を専用のシートで補強して、腸の一部等が出てこないようにするという方法を行います。
この治し方なら麻酔も局所で済みますし、そんなんに大がかりな手術ではないので早く日常生活に戻る事が出来ます。
 以前は筋膜を引き寄せて縫い合わせるという治し方でしたが、この治し方では長期の安静が必要等のデメリットがありました。
そのため様々な研究が行われて、患者の負担が少ない現在の治し方が開発され主流となっています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

治し方を知っていれば脱肛になっても慌てる必要はない
いぼ痔・切れ痔・痔ろうの原因、治し方、薬、出血、痛み等あれこれです。