脱肛 痛い

脱肛で肛門のあたりが痛いと思ったらすぐに治療しよう

スポンサーリンク

脱肛は、肛門および直腸の下の部分の粘膜が肛門の外へと飛び出してしまうことで生じます。
粘膜が外に出てしまうと、粘膜の部分に刺激を受けて痛いと感じることが多くあります。
 肛門や直腸の粘膜からは分泌液を出し、外に飛び出たときに刺激によって分泌液が増加します。
分泌液によって下着を汚してしまったり、肛門の周辺に分泌液が付着することで皮膚に炎症を発生させてしまうこともあります。
 脱肛して肛門の外の飛び出た粘膜はもろくて傷つきやすい性質がありますので、少しずつこすれるうちに粘膜が傷ついて出血してしまうこともあります。
 放置することで感染症にかかってしまい、痛いと感じる時間が長引くだけではなく痛みが激しさを増すこともあります。
ですので、脱肛に気づいたら早めに医師の診察を受けて痛いと感じる原因を解消させておく必要があることはいえるでしょう。
 内痔核が外に飛び出て脱肛する場合もあります。
この場合では痛いと感じる度合いがさらに強くなります。
このタイプの脱肛では、粘膜の壊死がみられることもあり一刻も早い処置を必要とします。

スポンサーリンク

 脱肛の原因については、加齢によって肛門括約筋と呼ばれる筋肉に働きが弱くなることや肛門および直腸の粘膜の働きが弱くなることで生じることがあります。
 ただ痔の症状が重くなり、内痔核が進行することによってこの状態になってしまうというケースが多いとされています。
肛門のあたりが痛いと感じた場合にはできるだけすぐに医師の診察を受けます。
 恥ずかしいと感じることも多いですが、放置しても自然に治る可能性についてはありません。
一時的に押すと引っ込むこともありますが、すぐにまた飛び出てしまう可能性が高いです。
 治療方法については、粘膜が飛び出た部分に対して手術を行うことで対処します。
痔核がある場合には、切除してしまうこともあります。
嵌頓状態になって飛び出た粘膜元に戻らなくなった場合においては、嵌頓痔核のときと同様に保存的治療をベースにして治療しますが、手術で除去することもあります。
 脱肛に気づいた場合は、肛門周囲の衛生面については気を遣うようにします。
入浴することで痛い状態を軽減することができます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

脱肛による痛みの特徴と対処の心得について
いぼ痔・切れ痔・痔ろうの原因、治し方、薬、出血、痛み等あれこれです。
脱肛の痛みは、くすりで軽減させることが可能です
いぼ痔・切れ痔・痔ろうの原因、治し方、薬、出血、痛み等あれこれです。