脱肛 痛み

脱肛による痛みの特徴と対処の心得について

スポンサーリンク

脱肛は肛門から直腸が飛び出している状態を指し、排泄時の強引な力みや下腹部に過度な力をかける行為を繰り返すことで発症のリスクが増大します。
また、加齢や怪我などによって肛門の筋肉が損傷することでも生じることから、毎日の生活の中で肛門に負担をかけないように気を配ることが大切です。
脱肛を患うと飛び出した直腸が細菌に感染しやすくなる他、排泄時や座った際に直腸を挟んでしまい、強い痛みに見舞われることもあります。
脱肛の症状そのものは痛みは少なく、特に初期症状のうちは自分でも気づかないことが多いので知らない間に症状が進んでしまう点を注意する必要があります。
また、脱肛の痛みは熱を伴うことも多く、人によっては脱肛ではなく排泄の際に拭き取りが上手く行えずに大便が肛門に残っていると誤解してしまいます。
肛門に慢性的に鈍い痛みを感じ、刺激を与えると激痛が走る状態が続くと脱肛の可能性がありますが、飛び出した直腸は体内に戻ってしまうこともあるので専門医による検査を受けることが確実に状態を調べるための条件になります。

スポンサーリンク

肛門に生じる痛みは多くの場合、排泄時に肛門に過度な負担がかかるのが原因ですが、脱肛で生じる痛みは直腸がダメージを負っているのが最大の原因です。
細菌感染による炎症の他、尻の肉に挟まれるのも痛みに繋がるので注意する必要があります。
特に高齢者の場合は周囲の皮膚が廊下によって弾力性が低下し、角質化が進んでいるので刺激も強くなりやすい傾向があります。
脱肛は肛門に生じる疾患の中でも再発しやすく、完治しても少しの刺激を受けただけで同じ症状が出てしまうことがあります。
再発を防ぐためには専門医による適切な治療の他、毎日の生活の中で肛門を労わることが重要なポイントになります。
排泄の方法を見直す他、香辛料や油脂類など刺激の強い食品の摂取を控えるのも効果的な対処法です。
長時間の着席や重たい荷物の持ち運びなどの行為も下半身に力を入れることで肛門に負担をかけることになります。
そのため、休息を挟んで疲労の蓄積を避けることが肛門の疾患を未然に防ぐための条件です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

脱肛で肛門のあたりが痛いと思ったらすぐに治療しよう
いぼ痔・切れ痔・痔ろうの原因、治し方、薬、出血、痛み等あれこれです。
脱肛の痛みは、くすりで軽減させることが可能です
いぼ痔・切れ痔・痔ろうの原因、治し方、薬、出血、痛み等あれこれです。