イボ痔 押し込む

イボ痔で生じるできものを押し込む際の注意点と健康管理について

スポンサーリンク

 イボ痔は肛門に生じる疾患の一種で、血管が腫れ上がってできもののような状態になる症状を指します。
イボ痔は肛門に無理な力がかかったり、異物の挿入などで過度な負担が生じることで発症するリスクが増大する特徴があります。
特に排便時に頻繁に力む行為を繰り返したり、肛門を用いる性交を行う人ほど発症しやすい傾向があります。
イボ痔によって生じたできものは初期のうちは圧迫しても痛みを感じることが少なく、サイズも小さいので自分では気づかないことがあります。
そのため、発症した自覚が無いまま放置してしまうことがあります。
症状が進むとできものが大きくなり、痛みや出血などの症状に見舞われることから速やかな治療が必要になります。
イボ痔によるできものは肛門の外側に生じる物と内側に生じる物の二種類に分かれます。
肛門の内側にできものが生じるイボ痔は症状が進むと患部が肛門の外側に露出する脱肛の状態になるため、状態を改善させるために患部を元の位置に押し込む必要がある点を注意します。

スポンサーリンク

イボ痔から派生する脱肛は初期のうちは排便時など肛門に力を入れているときだけ露出し、自然に元の位置に戻ります。
しかし、症状が進むと患部が常に肛門の外側に露出した状態になってしまうので自分で押し込む必要があります。
肛門から露出した患部を自分で元の位置に押し込む行為は肛門周辺に汚れや傷をつける原因になるので、慎重に行うことが大切です。
また、指や器具で患部を押し込む際は細菌感染を防ぐために清潔な状態に保つことが重要になります。
脱肛が悪化すると患部を押し込んでも肛門の内部に戻らなくなるので、症状が現れたら速やかに適切な治療を受けることが健康状態を良好に保つための心得です。
イボ痔を含む肛門の疾患はその多くが日常生活の中にある問題が原因で発症します。
そのため、自分の生活を見直して健康管理に気を配ることがトラブルの回避に繋がります。
また、イボ痔を患って患部が肛門から露出した際は放置せずに清潔な指や器具で押し込むように心がけます。
患部を肛門の内部に押し込む際は刺激を与えないように力を入れ過ぎず、丁寧に行うことが大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

いぼ痔を押し込む治療法について
いぼ痔・切れ痔・痔ろうの原因、治し方、薬、出血、痛み等あれこれです。
いぼ痔で肛門から脱出物が出てくる
いぼ痔・切れ痔・痔ろうの原因、治し方、薬、出血、痛み等あれこれです。
いぼ痔の戻し方について
いぼ痔・切れ痔・痔ろうの原因、治し方、薬、出血、痛み等あれこれです。
痔が出る患者の対処方法
いぼ痔・切れ痔・痔ろうの原因、治し方、薬、出血、痛み等あれこれです。