いぼ痔 出てくる

いぼ痔で肛門から脱出物が出てくる

スポンサーリンク

 痔には、大きく分けていぼ痔と切れ痔、痔瘻という3つの種類が存在しています。
この中で痔瘻は、自然治癒することはまずありませんので、泌尿器科での治療が必要となります。
ここでは、別名痔核とも呼ばれるいぼ痔についてご紹介します。
 いぼ痔は、できる場所によって内痔核と外痔核に分けられます。
いずれにしてもいぼ痔を放置しておくと次第に大きくなり、排便時に肛門の外に出てくる「脱肛」という状態に陥ります。
外痔核とは異なり内痔核の場合には、脱肛でいぼ痔に罹患したころとに気づく場合も少なくありません。
 内痔核は、症状の度合いによって4段階に分かれており、2度になると排便時にいぼ痔が肛門の外に出てくるのですが、排便後には自然に肛門内に戻る状態となります。
3度になると、いぼ痔がかなり大きくなり、出てくると自然には元に戻らなくなりますので、指で押して戻す状態となります。
そして、もっとも症状のひどい4度になると、指で戻してもすぐに出てくる状態となります。

スポンサーリンク

 内痔核に罹患して1度〜2度の状態であれば、生活習慣を改善して適切な治療を施せば、手術をする必要はありません。
逆に言えば、3度以上の状態になれば、手術も治療の選択肢となるというわけです。
そもそもいぼ痔は、肛門周辺の静脈が圧迫されて、血液の流れが停滞することが原因となって、いぼ状の腫れものができる病気のことです。
 内痔核は、排便でいきんだ時などに内側のいぼが出てくるようになるのですが、通常は痛みを伴いませんので、指で出てくる脱出物を押し戻してもかまいません。
ただし、排便後に肛門をキレイにし、便器に座ったままの姿勢でゆっくりと押し込むようにします。
戻りにくい場合には、温水便座機能などを使用して肛門を温めると戻りやすくなります。
 肛門付近を温めても脱出物が戻らない場合に、くれぐれも無理に押し込む行為はNGとなります。
症状としては3度以上の状態となりますので、病院を受診するようにしましょう。
脱出物が戻らない場合のみならず、内痔核に罹患した場合には、臀部を温めて血行を促進させることによって、症状が軽減される場合が多くなります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

いぼ痔を押し込む治療法について
いぼ痔・切れ痔・痔ろうの原因、治し方、薬、出血、痛み等あれこれです。
いぼ痔の戻し方について
いぼ痔・切れ痔・痔ろうの原因、治し方、薬、出血、痛み等あれこれです。
イボ痔で生じるできものを押し込む際の注意点と健康管理について
いぼ痔・切れ痔・痔ろうの原因、治し方、薬、出血、痛み等あれこれです。
痔が出る患者の対処方法
いぼ痔・切れ痔・痔ろうの原因、治し方、薬、出血、痛み等あれこれです。