脱肛 治し方

治し方を知っていれば脱肛になっても慌てる必要はない

スポンサーリンク

 様々な原因により、脱肛になってしまっても治し方が分かっていれば不安になることはありません。
 脱肛になったからといって、必ず手術が必要になるとは限りません。
症状が軽ければ、元に戻っていきます。
しかし、そのまま放置してしまうと脱肛が繰り返し行われてしまいます。
指で戻さなければいけない状態になりますので、最善の治し方としては早めに医療機関で治療を受けたほうがいいです。
様子を見ることも大切ですが、本当に治したいなら医師に相談したほうが早く治せます。
脱肛を治すためには、原因をきちんと知ることです。
そうすれば治し方もわかってきます。
肛門の周りの筋肉が加齢によって衰えることで脱肛になることもありますが、便秘が原因でなることも多いです。
治し方としては、運動を適度に行い食物繊維などを多く摂取して便秘にならないようにすればいいです。
症状によっても、治し方が変わることもありますので不安ならば医師などから適切な方法を聞いておくとよいです。

スポンサーリンク

指で押し戻さなければいけないほど、脱肛が悪化した場合の治し方は手を清潔にするところから始めればいいです。
雑菌が多い手で戻してしまうと、炎症などが起こりますますひどくなることもありえます。
すぐに戻そうとするのではなく、強い刺激を与えないようにやさしく行うことを忘れてはいけません。
脱肛が戻った後は、肛門を締めるトレーニングを行いまたでてこないようにすれば問題ないです。
できるだけ症状がひどくなる前に行うようにすれば、手術をしなくても済むかもしれません。
手術が必要であっても、比較的短時間で終わり体の負担は少ないですが日常生活に支障をきたさないためにも、生活習慣から見直してみるとよいです。
肛門に負担をかける状態にならないためにも、食生活を改善しつつ座る時間を短くしてみるなどの工夫も必要です。
脱肛になっても、医師に相談していけば様々な治療を受けることができます。
治し方は人によって違うことも珍しくないです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

脱腸の治し方について等
いぼ痔・切れ痔・痔ろうの原因、治し方、薬、出血、痛み等あれこれです。