脱肛とはどのような疾患なのかについて

スポンサーリンク

脱肛とは、男性よりも女性に多い疾患であり、直腸の下側の粘膜が肛門から外に出てしまう疾患です。
脱肛とは、「肛門粘膜脱」とも呼ばれており、症状はよく似ているものの「直腸粘膜脱」という疾患とは異なる病気です。
ちなみに、直腸粘膜脱の場合には、何ら治療を施さないで放置しておくと、悪化して直腸が完全に肛門の外に出てしまう可能性があります。
その場合には、「脱腸」という病名に代わります。
 脱肛とは、いぼ痔(痔核)が原因で発症することがもっとも多い疾患であり、いぼ痔の中でも直腸部分に痔核ができる内痔核が悪化することによって引き起こされる疾患となります。
そして、内痔核になる最大の原因が便秘となります。
便秘になって排便時にいきむことによって、肛門内の粘膜が伸縮を繰り返す状態となります。
その結果、その部位に血液が流れ込みうっ血していぼができるようになります。
いぼが小さい時には痛みもほとんど感じないのですが、徐々にいぼは大きくなり下に垂れ下がっていき、やがて肛門外へ出てしまうようになります。

スポンサーリンク

 脱肛とは、前述しましたように、肛門内の粘膜が肛門外へ飛び出してしまう疾患となるのですが、加齢も脱肛の原因のひとつとして挙げられます。
加齢によって肛門括約筋が老化することによって、脱肛になる場合もあります。
肛門括約筋は、肛門を締める働きをしている筋肉となります。
 脱肛とは、そのまま放置しておくと症状が進行する疾患です。
初期の場合には、飛び出しても自然に肛門内に戻るのですが、症状が進行すると腹圧がかかった時に脱肛するようになります。
具体的には、排便時やスポーツ時、くしゃみをしただけでも粘膜が飛び出すようになります。
 脱肛とは、症状が悪化してしまうと常に粘膜が飛び出した状態となり、指で押し戻さないと戻らなくなる疾患です。
飛び出した粘膜は分泌液を出していますので、下着が汚れてしまいますし、飛び出した部分が下着に擦れることによって、出血したり痛みを生じるようになります。
症状が悪化した場合には、手術による治療が行なわれるようになります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加