脱肛による肛門のかゆみの特徴と対処法について

スポンサーリンク

直腸が肛門から露出してしまう脱肛は下腹部への過度な負担や排泄時の強引な力みが原因であることが多いので、年齢や性別を問わず誰でも発症する可能性があります。
また、脱肛は初期のうちは痛みが無いことも多いので、自分でも気づかないうちに肛門に重大な疾患が生じているケースもあります。
脱肛を患うと肛門にかゆみを感じることがありますが、その多くは直腸の露出によって排便時の拭き取りが上手く行えず、大便が残留するのが原因です。
肛門の周囲に大便などの汚れがこびり付き、露出した直腸が汚れた部分を塞いでしまうことから表皮に微小な刺激を与え続けることになり、かゆみに繋がります。
また、直腸の露出に伴って神経が弱い刺激を受けるのもかゆみの原因の一つなので、速やかに脱肛の治療を受けることが症状を解消させるための条件です。
かゆみを解消させるために力任せに患部を掻き毟ると肛門や露出した直腸を傷つけてしまい、細菌感染のリスクが増大してしまうので注意が必要です。

スポンサーリンク

脱肛が原因の肛門のかゆみは治療による症状の解消が最適ですが、その一方で脱肛の治療は症状が進んでいると大掛かりな手術が必要になります。
多忙な人は治療行為に時間を割くことが難しい問題があるので、表皮への刺激を緩和させることでかゆみを抑える方法も存在します。
肛門の周囲を清潔に保ち、大便などの汚れを丁寧に除去することでかゆみの軽減が可能になります。
清潔な流水で洗浄するのが患部への刺激を避けながら汚れを取り除く最適な方法ですが、過度の洗浄は皮脂も取り除いてしまうので肌荒れを引き起こすことがあります。
また、肛門の周囲の表皮は柔らかいので少しの刺激でも裂傷が生じてしまう可能性があることから、洗浄は慎重に行うように心がけます。
脱肛は一度発症すると治療を施しても再発しやすいことから、毎日の生活の中で発症しないように気を配ることが健やかに暮らすための心得です。
長時間の着席や排泄時の強引な力みを避け、下腹部に負担をかけないように注意することが脱肛を患うリスクの軽減に繋がります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加