妊婦 切れ痔 かゆい

妊婦さんの大敵、かゆい切れ痔の対策は

スポンサーリンク

 体の様々なところで大きな変化が起こり、色々と悩みも出てくる妊婦さん。
実は妊婦さんに多い悩みの1つに、痔が挙げられます。
妊娠中はホルモンのバランスが大きく変わり、腸の動きがにぶくなるため便秘になりがちなのです。
また、つわりなどで食事のバランスが崩れたり、お腹をいたわって運動に気を遣うようになったりすることも、腸の動きをにぶらせることに繋がります。
便秘でかたくなった便を押し出そうとしてお尻に圧力がかかり、その結果、いぼ痔や切れ痔になってしまうのです。
場所が場所だけに、妊婦ということもあってなかなか人には相談しにくいものですが、いぼ痔や切れ痔がひどくなると出産にも影響します。
使える薬に制限が出る場合もありますので、早めに気付いて悪化させないうちに対応することが重要です。

スポンサーリンク

 

痔の症状として痛いだけでなくかゆいというのもあります。
かゆいのは肛門周辺が炎症を起こす、または傷が出来て雑菌がつくことが原因です。
妊婦さんだけでなく、いぼ痔、切れ痔全般に言えることですが、肛門周辺を清潔にして血行を良くすることは痔の予防と改善に役立ちます。
妊婦さんの切れ痔の改善には、まずは食事と運動、そしてトイレを我慢しない環境を作ることが重要です。
出産直前まで仕事をしている方もいますが、腹部を圧迫することで尿も近くなりますので、催したらすぐトイレに行ける、そして排便を我慢しなくていい状況を作れるようにしましょう。
かゆい、痛いなど肛門に異常を感じたら早めに検診を受けている病院で相談することも大切です。
薬の処方には制限が出るかもしれませんので、ゆっくりお風呂に浸かる、患部を温めるなどして悪化させないようにケアしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

女性の脱肛と出産の関係について
いぼ痔・切れ痔・痔ろうの原因、治し方、薬、出血、痛み等あれこれです。
出産後に見られる脱肛について
いぼ痔・切れ痔・痔ろうの原因、治し方、薬、出血、痛み等あれこれです。