腹痛 便秘 下痢 痔

下痢や便秘の腹痛時の痔に関して

スポンサーリンク

 お腹が痛い時にトイレへ行く方が多くいます。
その症状は2つに分かれます。
便秘か下痢です。
便秘の場合は固い便が中々出てこないで腸内に貯まって腹痛を起こす病気であり、下痢はお腹を砕くといった症状です。
下痢の場合は緩い便が出るので、お腹を温めたりすると腹痛は緩和して完治するのがほとんどです。
しかし便秘の場合は便が出にくい為に辛いものがあります。
原因としては、食生活に大きな原因があります。
いわゆる繊維質の食べ物を食べていない場合や水分を取っていない場合、タンパク質や脂肪質の多いものを多く取っているのが原因です。
昔から野菜を食べないといけないというのは、栄養バランスの他にこの症状にならないようにする為にも言えるのです。

スポンサーリンク

 

そんな便が出にくい場合に気張って出すと痔になってしまう場合があります。
下痢の場合も勢いよく便を出すと痔になります。
痔の原因は、便秘の方に多くいております。
痔になってしまった場合は、患部に薬を塗るのが基本でありますが、軽いものはお風呂に入って温めるのが一番良い方法です。
酷い場合は座ることすら出来ない状態にもなります。
このような場合は、病院の肛門科で診て貰うのが良い方法です。
場合によっては患部を縫うといった手術を行う場合もあります。
これらの事から対処方法としては、食生活をバランス良く取ることが大切であり適度な水分も必要に取ることです。
便秘になった場合は、水分を多く取りお腹のバランスを整える方法や下剤や整腸剤を服用する方法を行います。
下痢も同じように冷たい物や水分も直単に多く取らないで食生活をバランス良くすることが一番大切であります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加