痔 腹痛 吐き気

痔で腹痛や吐き気がある時は早めに医療機関を受診すると良いです

スポンサーリンク

 切れ痔の症状で肛門から出血があり、吐き気や腹痛がある時は傷口から細菌に感染している場合があります。
細菌に感染した場合には、さらに発熱や傷口から炎症など更なる症状の重症化が考えられるので、早めに医療機関を受診することが大切になります。
医療機関は、整形外科や内科などの診療科でも治療に対応していますが、最も良いのは肛門科の受診です。
肛門科では肛門の専門医が診察を行なうので、痔の症状に合った適切な治療を行い、症状によっては必要な手術も日帰りなどで行うので、完治も早い傾向があります。
また、細菌は切れ痔の症状も塗り薬で改善することができ、細菌も服薬で良くすることができるので、腹痛や吐き気が起きても治しやすくなっています。

スポンサーリンク

 

痔の原因には様々な要因がありますが、主に起きるのが排便する際に力むことによっての発症です。
力むことで身体の中で余分な力が入り、吐き気や腹痛が起きることもあります。
このため、事前に防ぐことが重要になります。
防ぐ方法としては、排便する際には力まずに自然なかたちで排便を促すことです。
さらに痔は肛門が不衛生なことも要因と言われており、入浴時に肛門を温めて血行を促進させ、清潔に保つことで、排便も良くなります。
また、症状で悩んでいる方が多いことから治療を行う病院も多くなっています。
専門治療を行う肛門科から婦人科などの診療科でも対応しているので、以前よりも受診し易くなっているので、吐き気や腹痛の症状がある場合にはすぐに掛かると良いです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加