いぼ痔 イボ痔を押し込む 治し方

痛いイボ痔を押し込むことでいぼ痔とお別れできる効果的な治し方

スポンサーリンク

 一度いぼ痔を患ってしまうと、何度も何度もなってしまうのがいぼ痔の特徴です。
いぼ痔とは、その名の通りいぼが飛び出てしまっている状態であり、座ったりするとそのいぼが痛み体に激痛が走ります。
この状態を打破するには、イボ痔を押し込むのが効果的です。
しかし、イボ痔を押し込む時はコツが必要で間違った方法で行うといぼ痔が疼き痛みの元となってしまいます。
そこで効果的な治し方を紹介します。
まずいぼ痔にならないことが一番の対策です。
体を冷やさないこと、また消化の悪いものは避け便秘や下痢にならないよう腸内環境を整える必要があります。
いぼ痔と聞くとすぐに便秘が原因ではと考える人も多いですが、実は下痢もいぼ痔には悪影響を与えます。
長時間便座に座り込むことで、いらない力が肛門にかかってしまい血液の循環が悪くなってしまいます。
そこで、うっ血が起こってしまい症状が現れてしまうのです。
繊維質の物を食べしっかり運動することも大切です。

スポンサーリンク

では実際にいぼが出てしまった場合、どのようにイボ痔を押し込むと良いのでしょうか。
一番最適な治し方、そして一ベストタイムはお風呂上りです。
お風呂上りは体も手も清潔な状態です。
イボ痔を押し込むにはまさにうってつけの状態となります。
また入浴によって体も温まりいぼも柔らかくなっています。
治し方ですが専用の軟膏などを使ってゆっくりとイボ痔を押し込むように戻していきます。
この時力を入れないよう気を付けます。
また爪が長い場合は先に切っておく必要があります。
最初は入れてもすぐに出てきてしまうこともあります。
イボ痔を押し込むには、前屈姿勢などをしリラックスした状態で行うのがベストですが、体が固い場合この治し方は難しいので、体育座りをするようなスタイルでイボ痔を押し込むとやりやすいです。
コツをつかめば、治し方は簡単でサッサといぼを押し込むことができるようになります。
いぼ痔は治し方によって、症状が長引くことが多いです。
治し方を間違えてしまうと悪化することもあるので注意が必要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

いぼ痔が痛い時の対処法としての卵油
いぼ痔・切れ痔・痔ろうの原因、治し方、薬、出血、痛み等あれこれです。
いぼ痔の痛みで眠れない、イボ痔が痛い時の対処法について
いぼ痔・切れ痔・痔ろうの原因、治し方、薬、出血、痛み等あれこれです。