いぼ痔の痛みで眠れない イボ痔が痛い

いぼ痔の痛みで眠れない、イボ痔が痛い時の対処法について

スポンサーリンク

 イボ痔になる原因は、長時間座り続けたり、便をする際に必要以上に息むなど様々ありますが、一度イボができてしまうと自然治癒は不可能となります。
イボが肛門内部から出てくると、イボ痔が痛い原因となり、いぼ痔の痛みで眠れないといったストレスを抱えてしまうことになります。
ここでは、いぼ痔の痛みで眠れない時やイボ痔が痛い時の対処法について述べてみたいと思います。
いぼ痔の痛みで眠れない、イボ痔が痛いという状況に陥った場合、とりあえず市販薬を使うことをおすすめします。
座薬や塗り薬などがありますが、即効性があるのは座薬だと言えます。
市販薬を使用して腫れがひいてきたリ、イボが肛門内部おさまるようであれば、とりあえず痛みは緩和されてきます。
しかし夜中などにいぼ痔の痛みで眠れない、イボ痔が痛いという状況になってしまった場合は、応急処置として肛門患部を温めたり、反対に冷やすといった対処法があります。
温める場合は、お風呂につかったり、温水シャワーで肛門患部を温める方法がありますが、冷やす場合は保冷材などを患部に当てて、マヒさせるといった方法があります。
この冷やす方法は実際に病院で行われている処置方法でもあるため、いぼ痔の痛みで眠れない時やイボ痔が痛い時の応急処置としては便利です。

スポンサーリンク

その他のいぼ痔の痛みで眠れない時やイボ痔が痛い時の対処法として、頓服薬を飲む方法があります。
イボ痔の痛みに頓服薬が効くのか、とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、頓服薬はかなりの効果があります。
そのため、どうしようもない場合はとりあえず頓服薬を服用されると良いでしょう。
また、イボ痔が痛い場合は無理に歩いたりせず、自宅でゆっくりと過ごすことも大切になります。
しかしイボ痔が痛いだけでなく、いぼ痔の痛みで眠れないという症状にまで陥ってしまわれた方は、一度肛門科を受診されることをおすすめします。
肛門科へ行くのは恥ずかしいという気持ちがある方も多いと思いますが、そこで受診される方はみなさん同じ痛みを感じていらっしゃいますし、先生も毎日肛門の相談を受けているので、恥ずかしさは無くなります。
最近は日帰り手術を行ってくれる病院も多くなり、メスを使わない手術なども増えてきているので、お仕事がある場合でも安心して受診することができます。
このようにイボ痔の痛みに対して様々な対処法を述べさせていただきましたが、やはり一番良いのは病院へ行くことです。
是非恥ずかしがらずに肛門科を受診してください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

いぼ痔が痛い時の対処法としての卵油
いぼ痔・切れ痔・痔ろうの原因、治し方、薬、出血、痛み等あれこれです。
痛いイボ痔を押し込むことでいぼ痔とお別れできる効果的な治し方
いぼ痔・切れ痔・痔ろうの原因、治し方、薬、出血、痛み等あれこれです。