いぼ痔すぐ出てくる外痔核は押し込むべきか否かについて等

スポンサーリンク

いぼ痔とはその名前からも分かるように痔の一種で、痔の種類の中でも患者が多い種類として知られています。
いぼ痔という病名の通りにイボのような出来物が発生するのが特徴で、この出来物の事を痔核と呼びます。
 痔核には大きく分けて2つの種類があり、この2つの種類の違いは痔核がどこに出来るかという違いになります。
肛門と直腸の境目には歯状線と呼ばれるラインがあり、この歯状線を境に直腸側に出来るのを内痔核と言います。
内痔核が発生する付近には痛みを感じる神経がないので、基本的に痛みを感じる事は少ないとされています。
 これに対して歯状線を境にして肛門側に出来るのが外痔核で、こちらは痛みを感じる神経が走っているので強い痛みを感じる事も多いです。
 外痔核は患部が肛門より外に出ているため治療がしやすく、適切な治療が出来れば比較的短期間で治す事が可能となっています。
肛門から痔核が出ていると慌ててしまう事も多いですが、過度に不安にならず正しく対処出来れば大丈夫です。

スポンサーリンク

 この疾患ではいぼ痔すぐ出てくる事もあるのですが、基本的には痔核を肛門の中に押し込むのが良いと思っている人も多くいます。
しかいぼ痔すぐ出てくる場合に押し込むのが正解なのは、内痔核に限った事なので注意が必要です。
いぼ痔すぐ出てくる時の痔核が外痔核の場合、もともと患部は肛門の外側という事になります。
つまりいぼ痔出てくる時の痔核が外痔核ならば、肛門内に押し込むのは本来ある位置から無理やり痔核を動かすという事です。
そのためいぼ痔すぐ出てくるのが外痔核の場合には、押し込む事が強い刺激となって悪化を招いてしまう可能性もあります。
いぼ痔すぐ出てくる場合の対処方法は内痔核なら押し込む、外痔核なら押し込むのは不可と覚えておく事が大切です。
 いぼ痔すぐ出てくるのが外痔核だった場合の正しい対処方法としては、患部の血行を良くするのが効果的だと言われています。
例えばお風呂にゆっくりと入って全身の血行を良くする事で、患部の血流も良くなり状態が改善します。
ただしこれはあくまでも応急処置なので、いぼ痔すぐ出てくる場合には無理に押し込む事をしないで早めの病院受診が望ましいです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加