脱稿痔が出る、イボ痔が出てくる原因と対処法について

スポンサーリンク

痔には、切れ痔やイボ痔など様々な症状がありますが、脱稿とは基本的に肛門内部からイボ痔が出てくることを意味します。
そのため、イボ痔が出てくることを脱稿痔が出ると言っても間違いではありません。
肛門の周辺にはとてもたくさんの毛細血管があります。
それが排便時にいきんだリすることで出血を起こし、その血液が固まったものがイボ痔となります。
そのためイボは静脈瘤ということになります。
このイボが肛門内部に収まっていればそれほど気にする必要もないのですが、痔核が大きくなりすぎるなどしてイボ痔が出てくると脱稿痔が出ることになり、かなりの痛みを感じることになります。
しかし脱稿痔が出る方でも全く痛みを伴わない場合もありますし、反対にイボ痔が出てくることがない方が痛みを感じ場合もあります。
人によって痔核が一つしかない方もいれば、数個持っている方もいらっしゃいますが、とにかく症状は人それぞれなので、少しでも気になる症状があれば、必ず肛門科へ受診されることをおすすめします。

スポンサーリンク

しかし現実に脱稿痔が出る、またはイボ痔が出てくるとかなりの痛みを感じる場合がほとんどだと言えます。
しかし痔核は放置しておけば治るということはありません。
そのため完治するには切開する必要があります。
しかし脱稿痔が出る人のすべてが切開をしなければならないというわけではなく、辛い症状が見られなければ経過観察することもできます。
しかし排便時や疲れた時に急に脱稿痔が出る場合やイボ痔が出てくる場合があります。
その際は応急処置が必要となりますが、まず一番早い方法として頓服薬を飲むことがあげられます。
頓服薬や市販の物でも十分効果がありますし、外出中でもドラッグストアへ行けば必ず手に入れることができます。
そのため、どうしても痛みが我慢できないようであれば、とりあえず頓服薬を飲んで、その後病院へ受診することを検討されると良いでしょう。
また自宅へ居るのであれば、シャワー等で肛門患部を温めて血流を良くすることも出来ますが、反対に保冷材などを使って患部を冷やしマヒさせるという方法もあります。
脱稿痔が出ると辛い症状を感じる方、イボ痔が出てくると下着に触れるだけでも痛みを感じ歩行すら困難になる方、たくさんいらっしゃると思います。
そのためとりあえず応急処置で対応し、必ず病院へ行く必要があります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加