脱肛 痛み くすり

脱肛の痛みは、くすりで軽減させることが可能です

スポンサーリンク

脱肛とは、痔核が進行して悪化した状態のことであり、肛門から直腸の粘膜組織が飛び出してしまう病気のことです。
痔核は、一般的にはいぼ痔と呼ばれる痔のことです。
そして、痔核は血管の瘤ができる場所によって、内痔核と外痔核とに分けられ、脱肛が関係しているのは肛門の奥にできる内痔核となります。
 脱肛の状態になると、内痔核から出た粘液でかゆみが生じたり、出血して激しい痛みを生じるようになります。
脱肛の状態にまでなると、指で肛門内に痔核が戻らなくなります。
そして、脱肛を完治させる方法は手術を施すしかないのですが、軟膏や座薬などのくすりを使用することによって、痛みをやわらげることは可能です。
 脱肛の状態まで進行しないうちであれば、肛門の外に飛び出した内痔核は指で肛門内に入れられます。
その際に、軟膏のくすりを塗ってから肛門内に押し戻すようにすると、痔核を肛門の中にスムーズに入れやすくなります。
さらに、肛門内でくすりの成分が内痔核に浸透し、少しずつ痛みも軽減されてきます。

スポンサーリンク

 脱肛の状態になった場合には、前述しましたように自然治癒することはありませんので、専門の診療科を受診する必要があります。
しかし、肛門という場所であるがゆえに、病院での治療を躊躇される方も少なくありません。
内痔核の段階であれば、市販のくすりを使用するという治療法も有効です。
 座薬タイプのくすりであれば、肛門内部に入れやすく、肛門内部でくすりの成分が溶け出すことによって、内痔核の出血を抑えて血管にできた瘤を小さくさせることも可能です。
痔核が小さくなるにつれ、痛みも小さくなっていきます。
痔のくすりをドラッグストアで買うのを躊躇される方には、医薬品通販サイトを利用して購入するという方法をおすすめします。
 便秘の人は、痔核が重症化する傾向があります。
硬くなった便を無理に排泄させることによって、痔核を傷つけてしまい出血するようになり、痛みも生じるようになります。
便秘が改善されなければ、排便のたびに出血を繰り返し、徐々に痛みも強くなります。
座薬が肛門内部で溶け出すことによって、痛みが軽減するだけではなく、肛門内で溶け出したくすりの成分が潤滑油の役割を果たし、固い便がスムーズに排泄できるようにもなります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

脱肛による痛みの特徴と対処の心得について
いぼ痔・切れ痔・痔ろうの原因、治し方、薬、出血、痛み等あれこれです。
脱肛で肛門のあたりが痛いと思ったらすぐに治療しよう
いぼ痔・切れ痔・痔ろうの原因、治し方、薬、出血、痛み等あれこれです。