痔 治し方 運動

運動などによる痔の治し方について

スポンサーリンク

 痔になった場合の治し方としては座りっぱなしの状態を避けることが1つの方法です。
仕事などで長時間座り続けると血流が悪くなるので、血流を良くするためにウォーキングなどの軽い運動をしたり体を動かしたりすることが大切です。
仕事で長時間座らざるを得ないとか運動ができないといった場合には、お尻に小さなホッカイロを貼ると良いです。
また、座る時間が長い以外でも、あまり動かないで同じ姿勢でいる警備員やレジ打ちなどの職業の人は、運動不足で痔になりやすくなります。
しかし、運動だったらどのような方法でも良いというわけではありません。
腹筋を使う運動やお尻に衝撃のかかるスポーツや自転車に長時間乗るといった運動は、力を入れたときに肛門への負担がかかって腹圧もかかるので痔の症状が悪化してしまいます。
しかし、身体を動かすことで腸が刺激されるので便秘が解消されます。
よって、便秘解消のための適度な運動が、痔の良い治し方にもなって再発も防ぐことができます。

スポンサーリンク

肛門体操による治し方もあります。
肛門に力を入れて少しずつ締めて息を吐き出し、ゆっくり息を吸って肛門の力を抜いていくという動作を朝晩約10回ずつ行います。
初期の痔に対して効果がありますし、筋肉を鍛えることで予防にもなります。
また、お風呂による痔の治し方があります。
肛門部分を圧迫させないために、ぬるま湯に少し長めに浸かって肛門部分の血流を良くします。
血流を良くすることはダイエットにも繋がります。
他には、ビフィズス菌によって腸内環境を整えて便秘や下痢を防ぐというのが痔の治し方になります。
ビフィズス菌は大豆や玉ねぎやニンニクやヨーグルトなどに含まれているので、継続的に適量を摂取するのが良いです。
また、固形石鹸でお尻を洗う治し方があります。
ボディソープには刺激が強いものが多くて必要な皮脂が洗い流されてしまうこともあるので、痔の人は固形の石鹸で洗浄した方が良いです。
他には、ストレスを溜めないという痔の治し方があります。
ストレスが溜まると便秘や下痢や起こり、血流が悪くなります。
ストレスを全て発散させる気持ちで適度に体を動かして汗をかいて、お風呂で汗を流すのが良いです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加