いぼ痔 治し方 肛門体操 痔の体操

いぼ痔の治し方について、肛門体操や痔の体操について

スポンサーリンク

 おしりの悩みは誰かに相談することも躊躇しがちであり、病院に行くのにも勇気がいるため、なかなか治療できないという方が大勢いるのです。
この中には、できれば自分で治したいと考えている方が多く、効果のある痔の体操が数多く考案されています。
その中から、特にいぼ痔に効果のある痔の体操をご紹介します。
まず、いぼ痔を肛門体操で治すためには、肛門括約筋を鍛えることが最良の方法です。
この肛門括約筋を鍛えることで、まずはいぼ痔を治し、さらに再発を予防することもできます。
さらに、体質を改善することで、痔を改善しやすくできます。
薬などでは体質改善や筋肉をつけることができないので、肛門体操はとてもおすすめです。
また、肛門体操や痔の体操でいぼ痔を治すには、ある程度の期間が必要となります。
即効性はないので、地道に痔の体操を続けていきましょう。
また、肛門体操は副作用がなく、安全できる治し方となっています。
さらに、お金もかからず、誰にも知られずにできるのでメリットの多い治し方なのです。

スポンサーリンク

いぼ痔の治し方の一つ目として、肛門をしめる肛門体操があります。
イチ、ニと数えながらお尻の筋肉をしめたりゆるめたりを繰り返す方法です。
そして、この痔の体操は5分ほど続けましょう。
この治し方は、予防するだけでなく、すでにできてしまったいぼ痔にも効果的です。
二つ目に、肛門に力を入れすぼめ、力をぬくという動作を10秒ずつ行う治し方です。
これは、立ったまま行う肛門体操であり、肛門の鬱血を解決することができます。
排便によって出てしまったいぼ痔を元の位置に戻す効果があるので、排便後に行うと良いでしょう。
しかし、やりすぎると逆効果なので、排便後のみに留めておくと良いでしょう。
さらに、お腹をゆっくりとさする方法があり、手でのという文字を書く方法があります。
いぼ痔の治し方として、スムーズな排便が鍵となります。
この痔の体操により、腸の活動を活発化させる効果と、腹部を温めることで血流を良くする効果があります。
肛門体操や痔の体操は健康的に出来る治し方なので、いぼ痔の方は是非チャレンジしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

外痔核やいぼ痔の治し方とマッサージ
いぼ痔・切れ痔・痔ろうの原因、治し方、薬、出血、痛み等あれこれです。