いぼ痔・イボ痔 出血 臭い ボラギノール

いぼ痔・イボ痔の出血や臭いとボラギノール

スポンサーリンク

 いぼ痔・イボ痔という肛門に関する病気があります。
いぼ痔・イボ痔に関しては、肛門の内側に発生した炎症がふくれあがった状態となっています。
この部分に刺激を与えると激しい痛みを感じるというのが大きな特徴となっています。
いぼ痔・イボ痔の症状が進行すると、排便が阻害されると言うことがあったり、いぼに傷がついてしまうことがあるので注意が必要となります。
またいぼ痔・イボ痔では傷口が非常に不潔な状態となってしまいます。
臭いが発生することもあります。
いぼ痔・イボ痔では不潔な状態となっているので、細菌に感染しやすくなっています。
したがって臭いの強い膿が発生することもあります。
このような匂いの強い膿が発生すると、排便の時だけではなく、歩いたり座ったりするときに痛みを感じるようになるので、生活に支障が出ることもあります。
またいぼ痔・イボ痔の症状が悪化すると、出血が見られること盛ります。
出血などの症状が現れると、完治するまでに時間が必要となります。

スポンサーリンク

いぼ痔・イボ痔で強い臭いが発生したり、出血が見られるというようなときには対処法が必要となります。
出血や臭いのある膿が発生することがありますが、ボラギノールという薬が使われるようになっています。
ボラギノールは内痔核と外痔核に対処することができるように複数の種類があります。
これで出血や臭いのある膿を解消することができます。
ボラギノールの中には坐剤タイプのものがありますが、これは内痔核の治療に使われています。
ロケットのような形をしているボラギノールとなっており、肛門の中にこれを挿入します。
その結果次第に溶けていぼ痔の腫れを抑えるという効果が期待されています。
症状が悪化して出血や臭いのある膿が発生するというのを防ぐ効果が期待されています。
ボラギノールは寝る前に使うようにします。
ボラギノールの使用量は1日に1回から2回となっています。
これに対して軟膏タイプがあります。
これは外痔核に効果を発揮します。
ボラギノールは薬局で販売されています。
したがって簡単に購入することができます。
内痔核が大きくなると市販薬での治療が難しくなり出血や臭いのある膿が発生してしまいます。
したがって症状の変化を確認することが必要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加